• はじめに
  • 紙の基礎知識
  • 保護紙入門
  • 資料保存Q&A
  • 保存対策事例
  • ブログ
  • リンク
HOMEデジタルもんじょ箱紙の基礎知識>紙ができるまで 原料・パルプ

紙の基礎知識

紙ができるまで 原料・パルプ

>>印刷用PDFファイル

パルプとは

パルプとは、木材や草などから抽出した繊維のことで、主成分はセルロースです。
このセルロースは水素結合により結びつく性質があり、紙はこの特性を利用してつくります。
!水素結合は水が入るとすぐ切れるため、防水加工していない紙は水に濡れると弱くなります。

パルプを原材料別に分けると

パルプの原料は、木材・非木材・古紙・合成繊維などがあります。
木材パルプ 針葉樹・広葉樹をパルプ化したもの。
非木材パルプ 植物などをパルプ化したもの。リンター(綿の実に付着する短毛)・ケナフ(アオイ科の一年草)・バガス(サトウキビ)・バンブー(竹)パルプなど。
古紙パルプ すでに用紙になった紙からインキなどを脱墨し、再パルプ化したもの。
合成繊維パルプ 化学合成繊維(レーヨン・ビニロンなど)をパルプ化したもの。

パルプを製造別に分けると

パルプは製造方法から機械パルプ、化学パルプに大別します。(これとは別に古紙パルプもあります)
機械パルプ 機械的にすりつぶしてパルプを製造する方法。繊維は剛直で内部に大量のリグニンを含むので、紫外線によって褪色しやすい紙ができる。木材からのパルプ収率は90〜95%と高い。
化学パルプ 化学的に繊維を抽出する方法。高純度のセルロース繊維は、しなやかに絡み合うため、紙にすると強度が上がる。セルロース純度を高くするために、木材からのパルプ収率は50%程度となる。
リグニンとは
樹木を構成する繊維同士の接着剤の役割をしている物質。
繊維間の細胞間膜のことで紙の中に含まれていると、変色や劣化の原因になります。

未晒(みざらし)と晒(さらし)

パルプは未晒(未漂白)と晒(漂白)に大別することもできます。
未晒パルプ クラフトパルプほか。茶褐色で強度があり、穀物袋やセメント袋などにも使われる。
晒パルプ 機械パルプにおける漂白
リグニンを白くすることを目的に、過酸化水素やオゾンなどで一段処理を行う。
化学パルプにおける漂白
漂白やリグニン除去などを目的に、数段階の処理を行う。

〒104-0028 東京都中央区八重洲2-4-1 ユニゾ八重洲ビル6階
TEL : 03-3273-8516 FAX : 03-3273-8518