• はじめに
  • 紙の基礎知識
  • 保護紙入門
  • 資料保存Q&A
  • 保存対策事例
  • ブログ
  • リンク
HOMEデジタルもんじょ箱保護紙Q&A>紙の規格・ご注文など

資料保存Q&A

紙の規格・ご注文など

>>印刷用PDFファイル
寸法(四六判など)とは?
紙の寸法には、断裁に必要な余白を含めた原紙寸法と、製品に仕上げたときの寸法である紙加工仕上げ寸法があります。当社の製品情報に記載する寸法は基本的に原紙寸法です。
原紙寸法には次の種類があります。
種類(背景緑) T目寸法(mm) Y目寸法(mm)
A列本判 625×880 880×625
B列本判 765×1085 1085×765
四六判 788×1091 1091×788
菊判 636×939 939×636
ハトロン判 900×1200 1200×900
L判 800X1100 1100X800
紙加工仕上げ寸法とは、ノートやコピー用紙など、製品に仕上がった紙の寸法。A列とB列についてのみJIS規格で定められています。
A列 B列
ドイツの工業規格 (DIN 476) に準拠。A列の縦横の比を1:√2、面積が1平方メートルになる用紙を「A0」とした。 日本の江戸時代の公用紙である美濃紙をもとに定めた美濃判に由来する。B列の縦横の比を1:√2、面積が1.5平方メートルになる用紙を「B0」とした。
A0 841mm×1189mm B0 1030mm×1456mm
A1 594mm×841mm B1 728mm×1030mm
A2 420mm×594mm B2 515mm×728mm
A3 297mm×420mm B3 364mm×515mm
A4 210mm×297mm B4 257mm×364mm
A5 148mm×210mm B5 182mm×257mm
A6 105mm×148mm B6 128mm×182mm
A7 74mm×105mm B7 91mm×128mm
A8 52mm×74mm B8 64mm×91mm
A9 37mm×52mm B9 45mm×64mm
A10 26mm×37mm B10 32mm×45mm
 
T目・Y目とは?
紙の繊維の流れ(紙の目)のことです。平判に紙を断裁する時に縦横どちらの向きでカットするかによって「T目(縦目)」と「Y目(横目)」の違いができます。
T目 Y目
紙の長辺と並行に紙の目が流れる。
サイズは、短辺×長辺の長さで表記。
紙の短辺と平行に紙の目が流れる。
サイズは、長辺×短辺の長さで表記。
紙の目の見方と注意点は?
軽くまげてみて、曲がりやすい方向が紙の目の方向です。
書籍などには、開きをよくするために、紙の目が天地方向にある紙を使用します。
重量(坪量)とは?
1平方メートルあたりの紙1枚の重量のことです。
重量単位にはグラムを用い、g/m² と表示します。同じ銘柄の場合は、坪量が大きくなるほど紙が厚くなります。
米坪(べいつぼ)ともいいます。同じ坪量でも、紙は原料や種類、密度によって厚さが異なります。
巻取・平判とは?
製品として仕上げられる紙の荷姿のことです。
巻取は、規定の幅にそろえて巻かれたロール状のものです。
平判は、規定の寸法の長方形に切りそろえられたシート状のものです。

保護紙や封筒などの保存用品はどこで買えますか?
当社では次のように扱っています。製品情報「保護紙」をご参照ください。
公共機関様につきましては、納入業者様を通してお買い求めできます。詳細はFAXやメールでお問い合わせください。
一般企業様及び個人の方は、別途FAXやメールでお問い合わせください。



〒104-0028 東京都中央区八重洲2-4-1 ユニゾ八重洲ビル6階
TEL : 03-3273-8516 FAX : 03-3273-8518