HOMEオンラインショップ>本の保存方法

オンラインショップ

ご利用例・本の保存方法ご利用例・本の保存方法

本や雑誌が傷む原因は?

光(紫外線)、チリやホコリ、湿度と温度の急激な変化などが傷む要因となります。長期間、大切に保管したい本や雑誌・コミックは、箱や封筒などの保存用品に入れて、劣化要因からまもることをおすすめします。

保存用品選びのポイント

収納するもののサイズより一回り大きなものをお選びください。本のサイズや素材別に収納しましょう。

薄い冊子、小型の本
薄い冊子、小型の本1 薄い冊子、小型の本2
自立できない薄い冊子は1点ずつAFエンベロープに入れます。 サイズが揃っている冊子は、深さ5センチのキットボックスをご利用ください。
革表紙の本
革表紙の本1 革表紙の本2 革表紙の本3
貴重書や革表紙などは、ちがう素材の本と別置きにしてください。 保存用間紙・ピュアガード45で包む、または、AFエンベロープに入れます。 キットボックスにピュアガード45を敷き、水平に保管します。
ひとまとめにする
自立可能な厚みのA4判までの雑誌類はもんじょ箱フリーSが便利です。 自立できる本・雑誌類はまとめてもんじょ箱フリーLへ。薄い本はキットボックスに入れましょう。

本・雑誌のサイズ

代表的な出版物の判型です。厚さをのぞいた短辺×長辺で表します。変型版や出版社による寸法の違いがあります。

判型 寸法(mm) 本の種類
B4判 257×364 大きな画集・グラフ雑誌など
A4判 210×297 写真集・美術全集・グラフ雑誌など
AB判 210×257 雑誌など。ワイド判ともいう。
B5判 182×257 週刊誌・一般雑誌など
重箱判 182×206 絵本など
菊判 150×220 単行本など
A5判 148×210 学術書・文芸雑誌・総合雑誌・教科書など
四六判 127×188 単行本など
B6判 128×182 単行本など
新書判 103×182 新書本・漫画の単行本など、105×173もあり
A6判 105×148 文庫本
タブロイド判 273×406 夕刊紙などの1ページ分の寸法
ブランケット判 406×546 一般的な新聞の1ページ分の寸法
保存用封筒 AFエンベロープ
AFエンベロープ 光やチリ・ホコリ、酸性環境などから本や雑誌をまもる封筒です。サイズは4種類です。
角形0号
287×382mm
目安:B4判 もっと詳しく 10枚/1袋 1,230円
角形2号
240×332mm
目安:A4判 もっと詳しく 10枚/1袋 1,130円
角形3号
216×277mm
目安:B5判 もっと詳しく 20枚/1袋 1,850円
角形6号
162×229mm
目安:A5判、新書判 もっと詳しく 20枚/1袋 1,650円
保存用間紙 ピュアガード45
一枚物の作品と作品の間にはさむ薄葉紙です。
酸もアルカリも含めないノンバッファー紙のためデリケートな作品に直接ふれても安心です。貴重書などの包装にご利用ください。
ピュアガード45 A3
420×297mm
目安:A3サイズ
もっと詳しく 20枚/1袋 770円
保存箱 キットボックス
荷重がかかり過ぎないよう、深さ5センチにしました。本のサイズを揃えてご利用ください。
キットボックスA3
460×337×50mm
目安:A3サイズ 
もっと詳しく 1箱 2,160円
キットボックスA4
337×250×50mm
目安:A4サイズ 
もっと詳しく 1箱 1,850円
キットボックスB4
404×297×50mm
目安:B4サイズ 
もっと詳しく 1箱 2,060円
キットボックスB5
297×222×50mm
目安:B5サイズ 
もっと詳しく 1箱 1,540円
保存箱 もんじょ箱
多目的な組み立て式保存箱です。蔵書の整理や保存、引越しなどにご利用ください。弱アルカリ性のダンボールを使用しています。寸法表記は内寸です。
もんじょ箱 新聞用
600×450×100 mm
目安:新聞 
もっと詳しく 1箱 3,240円
もんじょ箱 フリーS
320×150×290mm
目安:A4雑誌対応 
もっと詳しく 1箱 2,470円
もんじょ箱 フリーL
440×320×290 mm
目安:フリーSの約3倍 
もっと詳しく 1箱 3,500円

〒104-0028 東京都中央区八重洲2-4-1 ユニゾ八重洲ビル6階
TEL : 03-3273-8516 FAX : 03-3273-8518